気になるシミはレーザーで消去|メスを使用しないので安心

老け顔の原因にも

肌を触る中年女性

シミにはいくつも種類があるので、自分で判断しないほうが良いです。医師に診てもらって適切な判断をしましょう。いくつもの治療法があり、複数の治療法を組み合わせることもあります。口コミで評判の良い美容クリニックを選んだほうが良いです。

More Detail

色素沈着した肌の改善

カウンセリング

最も一般的なシミは老人性色素班と呼ばれるものです。これらは美白化粧品ではなかなか消せないため美容整形を利用する人もいます。美容整形ではハイドロキノンなどの塗り薬やレーザーによってシミを消していく治療法があり、かなり高い効果が期待できます。

More Detail

クリニックで美白治療

フェイス

レーザーで消す

シミ・そばかす・肝斑などの治療ができるのが美容整形外科や美容皮膚科です。シミ治療の場合、レーザーを照射する、塗り薬で治す、飲み薬で治す、ケミカルピーリングなどの施術を受けるなどの方法があります。どれかひとつだけでもいいですが、複数の治療を組み合わせることもできます。CO2レーザーによる治療は、紫外線の影響でできる一般的なシミに有効です。レーザーをシミに照射すると、メラニン細胞が一気に分解されてなくなります。CO2レーザーの場合、一回でシミをなくせます。何回も通院する必要がなく、治療費は直径3ミリ以内のシミなら5000円程度です。肝斑の治療もできます。肝斑にはレーザートーニングが効果的です。レーザートーニングをすれば、普通のレーザーでは落とせない肝斑も綺麗になくすことができます。レーザートーニングはCO2レーザーよりも出力が弱いのが特徴です。肝斑やニキビ跡の赤み、毛穴の開きの改善に効果があるレーザーです。ケミカルピーリングはターンオーバーを早めて古い角質を落とす施術です。古い角質が落ちると、シミの原因であるメラニンの排出も早くなります。コラーゲンを生成する働きもあるのでしわやたるみの改善もできます。

組み合わせて効果アップ

美容整形外科でできるシミ治療はメスを使用しないのでとても手軽にできます。シミといっても老人性色素班や母斑やそばかすなど沢山の種類があります。また、シミなのかほくろなのか分からないものもあります。美容整形外科に行けば、医師が症状を診て、適切な治療を施してくれます。複数の治療を組み合わせることで、肌全体に透明感が出てクリアになります。よくある組み合わせとしては、ケミカルピーリングとビタミンCイオン導入、ケミカルピーリングとトラネキサム酸、ハイドロキノンとトレチノイン療法などがあります。また、高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ点滴&注射、アンチエイジング点滴なども美白効果があります。点滴療法は一回3000円〜5000円ほどと、とてもお手頃な料金で出来ます。点滴療法は、出来てしまったシミを薄くするというよりは、シミの予防に効果があります。屋外で遊んで日中強い日差しを浴びた日などは、その日のうちに高濃度ビタミンC点滴やアンチエイジング点滴をするのがおすすめです。そうするとメラニン細胞がメラニンを作るのを阻止することができます。注射や点滴系のシミ治療は、美容整形外科よりも美容皮膚科のほうで出来ます。

治療の仕方

鏡を見る婦人

紫外線や摩擦や乾燥などでメラノサイトが刺激されると、メラニンが発生してシミになります。シミや肝斑、そばかすなどの色素沈着は、レーザーや光、ハイドロキノンクリームなどのメディカル系の治療をして無くすことができます。

More Detail

肌悩みには美容医療

治療

そばかすや肝斑など、紫外線が原因のシミはいくつもありますが、肝心なのは紫外線から肌を守ることです。日傘や日焼け止めなどを活用し、日頃からケアを欠かさないようにしましょう。また、既にできてしまったシミでも、レーザー治療や薬によって改善することができます。

More Detail