気になるシミはレーザーで消去|メスを使用しないので安心

肌悩みには美容医療

治療

種類と原因を知って予防

紫外線が関係するシミといっても様々な種類があるのはご存知ですか。一番多くの人が体験しているのは雀斑(ソバカス)ではないでしょうか。子供の頃から両頬〜鼻の高い部分を横断するように、小さな斑点がたくさんできるのが特徴的なシミです。また、色白な人に多く見られるのも特徴で、主な対策は紫外線予防です。最近では子供向けに作られた紫外線吸収剤を含まない、肌に優しい処方の日焼け止めの種類が豊富ですね。早い段階からの予防ケアに活用しましょう。肝斑は頬や額といった比較的目立ちやすい場所にできるシミです。紫外線に敏感な妊娠期やピルを服用している期間に土台が作られてシミが濃くなっていく仕組みです。これにはホルモンと紫外線、2つの原因が考えられます。この時期は日焼け止めなど化粧品にも敏感になってしまうこともあるので、予防には日傘やUVカット機能のある衣類も積極的に利用しましょう。老人性色素斑は皮膚の老化現象であると共に、紫外線ダメージの蓄積が原因となっています。表皮細胞が数十年単位の年月をかけて老化して、メラニンが活性化したものがシミとしてあらわれるのです。一般的にはある程度の年齢を重ねてからシミになるイメージがありますが、早い人では30代から出てきます。ソバカスのような大きさから直径数センチ単位のものまで様々です。若いうちから紫外線対策を身につけるのが一番の予防策です。

効果的な治療方法

できてしまったシミは高価な化粧品よりも美容クリニックで治療を受けるほうが低コスト・短時間で解決します。雀斑(ソバカス)の除去はアレキサンドライトレーザー治療が効果的です。これには顔全体といった広範囲を短時間で照射するロングパルスレーザーと、一個ずつ照射して完全除去するQスイッチレーザーの2種類があります。前者は照射後に赤みが出にくいので肌負担が軽く、後者は確実性はありますが、施術後はかさぶたができるので数日間のダウンタイムを必要とします。また、肌コンディション次第で外用薬を使用することもあるため、どちらが自分に合っているか、専門医に相談してみましょう。それから、肝斑は他のシミのようなレーザー治療は不向きです。専門医にしっかりと診断してもらってから治療しましょう。主な治療は内服・外用薬による治療で、内服薬がトラネキサム酸で、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、ビタミンA誘導体といわれるトレチノイン酸とハイドロキノンの外用薬が処方されます。トレチノインによってターンオーバーが活発になり、治療から数日でシミが薄い肌に生まれ変わります。その結果肝斑が消えたら、ハイドロキノンだけにして健康な肌に整えていきます。老人性色素斑に最も効果的なのはレーザーによる治療です。特に、根本的に除去するためには穏やかな効き目の光治療よりもピンポイントで治療できるQスイッチレーザーが効果的です。そうすることでシミの再発を防ぎ、正常な肌細胞や血管に直接ダメージを与えることなくシミを熱破壊できます。治療後にかさぶたができますが、2週間ほどで新しい肌細胞が再生してシミのない肌になります。