気になるシミはレーザーで消去|メスを使用しないので安心

色素沈着した肌の改善

カウンセリング

最も一般的な老人性色素班

シミの原因や症状を詳しく知らない方は多いと思います。その原因は肌に紫外線など外部からの刺激が影響して、メラニン色素が体内に蓄積し、色素が沈着してしまうことだとされています。また、主な症状として、皮膚が茶色や褐色になってしまっていることが多いようです。さらに、ホルモンバランスが崩れたり、睡眠が十分取れていなかったりすることもシミの原因になります。加えて、加齢により代謝が低下することによって、皮膚に古い角質が残り、結果的にシミができてしまうことがあります。シミを取るためには、主に皮膚科での治療か美容整形が必要になります。最近では美容整形の人気が高まっています。シミにはいくつかの種類があり、最も多いものが老人性色素班です。これは紫外線により色素細胞であるメラノサイトが活性化して、メラニンが大量に生成され表皮や角質にシミとなって出てきているものです。丸くて茶色のものが一般的です。皮膚の質が変わってしまっているため、市販の美白化粧品ではなかなか消すことができません。最近では数多くの美白化粧品が市販されておりシミ対策もできるようになっています。しかし、シミによっては消せないものがあったり、効果が出るまでに時間がかかってしまったりするものがあります。そのため、美容整形に頼る人も多いのです。美容整形のクリニックでは、まずシミがどのようなものであるかを診断して、その後シミに合った治療が開始されます。治療後には、アフターケアが行われるのが一般的な流れです。

塗り薬とレーザーが効果的

美容整形のクリニックの治療で一般的なものは、薬物療法とレーザー治療です。薬物療法では、トレチノインやハイドロキノンという塗り薬を使います。トレチノインには、コラーゲンを創り出して皮膚の再生機能を促進し、メラニンを排出する効果があります。そのことによって肌に潤いをもたらし、よみがえらせる作用があります。ハイドロキノンは漂白作用が強いことが有名です。メラニンを還元して、沈着したシミを取り除く効果があります。ハイドロキノンは美白効果が注目されており、市販の化粧品でもよく使われています。レーザー治療は、レーザーを照射することによって、シミの組織を崩壊させることができます。崩壊させることにより、効果的にシミを取り除いていく方法です。レーザー照射を行った箇所は、かさぶたになることがありますが心配無用です。しばらくすると、かさぶたが剥がれ落ちていきます。3日か4日後には茶色っぽくなり、その後に肌の色に戻っていきます。レーザー治療は短時間で手軽にできるという点や痛みが少ない点、さらには料金が比較的リーズナブルといったメリットがあります。この理由から最も人気のある美容整形の一つになっています。さらに、アフターケアではハイドロキノンを使用していくことがあります。レーザー治療と塗り薬は、老人性色素班にも大変効果のある治療法です。これ以外に光治療という方法もあります。これは薄いシミにより効果を発揮する方法です。シミによっては、レーザー治療よりも光治療の方が効果的な例があります。